DECENCIA 新アヤナスの特徴

DECENCIA 新アヤナスの特徴

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)から新しいアヤナスが誕生しました!

 

 

 

ストレスを感じると肌荒れを起こす!?

 

ストレスによる肌荒れメカニズムに着目した敏感肌用エイジングケア新アヤナスは、敏感肌や乾燥肌が原因で起こるさまざまな肌トラブルに、どのようにアプローチしてくれるのでしょうか?

 

今回、アヤナスが新たに着目したのはストレス

 

30代・40代の働く女性の95%の方がストレスを感じると肌荒れを起こすという事実です。

 

また睡眠不足もストレスと隣り合わせにあります。

 

では実際にストレス睡眠不足を感じると、私たちの肌にどのように影響してくるのでしょうか?

 

ストレス睡眠不足をブレイクダウンしながら見てみると、新アヤナスがどこにスポットを当てたのかがわかります。

 

 

ストレスや睡眠不足を感じると・・・

 

 

日常的なストレスが原因で、自律神経バランスの乱れや血行不良を起こしやすくなります。


 

 

忙しい日々を送る中で、どうしても睡眠不足になりがち。


 

ストレスを感じると皮フの温度は低下してしまいます。


 

皮フの温度が低下すると、タイトジャンクション(TJ)※の働きが悪くなります。

     

 

皮フの温度が下がると、こんどは肌のバリア機能が低下します。
 

 

外部刺激が侵入しやすくなり、慢性的な炎症に・・・
トラブルが起こりやすい肌に・・・

 

 

そうなると、コラーゲンが破壊され老化が加速します。
肌の水分が蒸散され、炎症の原因にもつながります。

 


  

その結果!

 

 

小じわの増加
ハリ・弾力が低下
見た目年齢で11歳もの差が開く

 

など、さまざまな肌の悩みがでてきます。


 

タイトジャンクション(TJ)とは?

 

角層下の顆粒層(かりゅうそう)にみられる構造。
生きた細胞と細胞をつなぎ、肌の水分やカルシウムイオンの流出を防ぐ役割を持つ。
健康で美しい角層がうみだされる鍵となっています。

新アヤナスで肌のストレスケア そしてエイジレスな美肌へ

ストレスからくる肌荒れをケアする新しいアヤナスのアプローチ・ポイントをご紹介します。

 

ストレスバリアコンプレックスが肌荒れにアプローチ

 

ディセンシアのオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス」が、ストレスが原因で荒れた肌に働きかけ、美しい角層を形成します()。

 

 

そして血行を促進して皮フ温を上昇させ()、皮フ組織の真皮内にある細胞レベルでコラーゲンやヒアルロン酸、酵素などの産生力を発揮します()。

 

その「ストレスバリアコンプレックス」の要素は、3つの成分に分けられます。

 

パルマリン(タイトジャンクション活性)

 

タイトジャンクション活性成分のパルマリンは、大西洋に生息する赤みの海藻(オゴノリ、テングサなど)である「紅藻(こうそう)」から抽出したエキス。

 

保湿力、抗酸化力ともに優れ、アンチエイジング効果があるとされています。またパルマリンは化粧品に幅広く配合されています。
皮膚組織の顆粒層にあるタイトジャンクションの働きを強め、健康で美しい角層に導く力に優れています。

 

 

ジンセンX(血行促進、皮膚温上昇)

 

血行を促進するジンセンXは、朝鮮人参の中でも効果が高い部分だけを高濃度・高精製して抽出したポーラ研究所オリジナル成分です。

 

血小板の凝血を防いで血液の流れをスムーズにするとともに、細くなった血管を拡張する働きがあります。
また血行が促進されることにより、皮フ温の上昇が期待できます。

 

 

ビルベリー葉エキス(真皮内GABA産生促進、線維芽細胞増加)

 

ブルーベリーに近い関係にある種のビルベリーの葉から抽出したエキス。
ビルベリーの葉から得られるエキスは、リラックス成分として知られるGABAを真皮内で増やす酵素(GAD)を産生させるほか、真皮内の線維芽細胞を増加させるとともに、抗酸化作用にも優れています。

 

 

どれもエイジング効果が期待できそうな成分ばかりです。

 

さら従来のアヤナスから配合されているDECENCIAだけの特別な技術やセラミド成分や、ハリ・弾力アップのポーラ・オリジナル成分、そして肌のゆらぎを抑える抗炎症成分なども配合されています。

 

詳しくは、次の「アヤナスの敏感肌・乾燥肌へのアプローチ」でご紹介します。

アヤナスの敏感肌・乾燥肌へのアプローチ

アヤナスと出会い、アヤナスの公式サイトを通して、健康的な肌と敏感肌を比較しながら、トラブルや悩みを抱える私たちの素肌に「一体何が起きているのか?」ということを伝えながら、肌のバリア機能に着目している点がとても気に入りました。

 

さらに敏感肌と老け顔の関係について原因を深掘りし、肌の組織細胞と肌自らが持っている再生機能に対する、スキンケアへの取り組み方や独自開発の成分についても、明白でとてもわかりやすいものでした。

 

ここでは、アヤナスが従来より着目している 敏感肌・乾燥肌へのアプローチ・ポイント についてご紹介します。

 

敏感肌のためのエイジングケア

 

敏感肌になるには、それなりの原因があります。

 

皮膚組織は表面から「角質層」「表皮」「真皮」「皮下組織」の順に成り立っていますが、「真皮という土台からしっかりと作り上げていくことが、敏感肌エイジングケアの鍵である」というのがDECENCIA(ディセンシア)の考え方です。

 

肌のターンオーバーは、「表皮」の最下層である基底層が出発点であるのに対し、DECENCIAはさらにその下の真皮から改善しなければ、敏感肌特有の老化スピードを速める悪化因子を取り除けないと提唱しているのです。

画像提供:decencia

 

敏感肌の真の原因は深層(真皮)にある

 

とでもいうべき、DECENCIA アヤナスの視点がいかに深いかをうかがわせます。

 

「角質層」のバリア機能をアップ

 

「角質層」については肌のバリア機能で詳しく説明していますが、DECENCIAのオリジナル特許技術であるヴァイタサイクルヴェル(R)も、まさにこのバリア機能の働きを反映している技術です。

 

肌トラブルを繰り返す原因はバリア機能の低下を解決しなければはじまらない』という考えのもと開発されたヴァイタサイクルヴェル(R)は、その技術が使われているクリームを塗ることで、敏感肌やアトピー肌の炎症を抑制することができます。

 

そして、健康的な角質層の代わりとなって「疑似角層」の役目を果たします。
ヴァイタサイクルヴェル(R)には乱れた角質層の上にラップのように重なり、肌を保護すると同時に肌内部の潤いを閉じ込める作用があります。

 

「ヴァイタサイクルヴェル(R)」の仕組み

 

画像提供:decencia

 

ヴァイタサイクルヴェル(R)は、ベントナイトトという板状の粉末が、乱れた角質層のうえに屋根瓦のように並んでバリア膜をはります。

 

そして花粉やほこり、空気中の細菌などさまざまな外部からの刺激を完全に遮断します。

 

さらにヒト型ナノセラミドという人が本来持っているセラミドと同じ構造をしたナノセラミドが、不足した細胞間脂質のセラミドを補います。その浸透力は通常のセラミドの4倍もあり、肌奥深くに浸透します。

 

うるおいたっぷりのセラミドナノスフィア

高浸透保湿成分であるセラミドナノスフィアは、人の身体にあるセラミドと全く同じ構造のヒト型セラミドを、肌の奥まで届くナノサイズにしてカプセル化することで、通常のセラミドの4倍の浸透力をもっているそうです。

 

敏感肌に不足し、乱れた角層の隅々までぴったりと合い、保湿効果を補ってくれます。

 

コウキエキスが肌のトラブルをケア

 

抗炎症成分が含まれているコウキエキスは、ゆらぎの原因となる微弱炎症を抑えながら肌のコンデイションを整え、美肌成分の効きやすい肌へ導いてくれます。

 

 

「真皮」のコラーゲンを強化

 

「真皮」はコラーゲンから成る膠原線維が7割を占め、肌のハリを保つ役目があります。

 

また肌の弾力は、エラスチンから成る弾力線維が真皮の1〜2%を占め、膠原線維弾力線維の間を埋める基質とで構成されています。

 

そしてこれらの要素は、線維芽細胞によって生み出されます。

 

※基質(グリコサミノグリカン)は、主成分がヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などで、そのほかタンパク質やミネラル、水分を含んでいます。

 

 

コラーゲンエキスを配合した化粧品がありますが、肌から浸透したエキスは真皮まで到達することはないと言われています。

 

また、野菜や果物を摂取することでビタミンCが肌のコラーゲンの生成を促すことは可能ですが、コラーゲン注射など人工的に摂り入れるものと肌本来がもつ自然のものとは別物です。

 

 

そこでアヤナスはコラーゲンを外から与えるのではなく、コラーゲンを生み出す線維芽細胞を活性化することで、自らコラーゲンを生み出す力を高めます。

 

それがポーラ研究所オリジナル成分のCVアルギネート

 

肌本来の力をCVアルギネートが引き出し、コラーゲンの産生量を高めて素肌のハリ・弾力を170%にまでアップさせることに成功しました。

画像提供:decencia

 

肌本来がもっている自然の力を引き出す

 

これが、アヤナスに注目したくなるアプローチ・ポイントです。

 

リラックスしながら保湿効果を高める天然植物成分の香り

 

新しくなったアヤナスには、リラックス効果の高い天然植物のゼラニウムラベンダーのみが香料に使われています。

敏感肌の方なら経験があるかもしれませんが、香りってそのスキンケア化粧品が自分にあうかどうかの第一印象を決めるものだと思いませんか?

 

たとえ自然由来の香料でも、ほかの化学的な香りが含まれていると、その匂いとともに肌も敏感に反応してしまうのです。

 

香りが美肌につながることを知っている、アヤナスのやさしいゼラニウムラベンダーの香りに包まれながら、スキンケアはリラックスしながら同時に楽しむ時間でありたいですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク