常在菌(表皮ぶどう菌)とは?

常在菌が肌のバリア機能を強化する

常在菌(表皮ぶどう菌)が肌のバリア機能を強化する

 

皮膚の上に約1兆個もいる常在菌

 

保湿機能や、外部からの有害物質をブロックする機能など、肌を保護するうえで大切な働きをしています。

 

なかでも美肌菌と呼ばれている表皮ぶどう菌は、肌に多ければ多いほど美しい素肌を保つことができます。

 

ぶどう菌というワルさしそうなイメージがありますが、表皮ぶどう菌しっとり、ツヤツヤした肌を守る美肌には欠かせない有効な菌なのです。

 

表皮ぶどう菌は皮脂や汗を好み、餌として代謝物を作り出します。そして、その代謝物は潤い成分となります。

 

※画像は常在菌(表皮ぶどう菌)のイメージです。

 

 

私たちの肌は弱酸性ですが、表皮ぶどう菌もまた弱酸性

 

反対にアルカリ性を好む病原菌などに対して肌のバリア機能として働きかけ、皮脂膜の働きをさらに強化する、まさに美肌菌そのものなのです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク