保湿機能

保湿機能

私たちの皮膚は、もともと肌細胞自らが皮脂分泌をして”天然のクリーム”を作りだし、
自ら潤う天然保湿の働きを持っています。

 

天然の保湿機能を持つ”天然のクリーム”とは皮膚膜を指し、肌の表面を覆っています。
このことを保湿機能と呼んでいます。

 

 

 

肌(皮膚)の層は大きく分けて、

 

表皮
真皮
皮下組織

 

の3層に分かれています。

 

3層の一番上にある表皮の上には皮脂膜が覆っています。

 

 

 

皮脂膜は、皮脂腺から分泌された脂質や表皮細胞由来の脂質からなる油分と、汗腺から分泌された水分乳化されて出来ています。

 

でも、水と油を乳化するためには界面活性剤の存在が必要です。

 

さらにそこで、皮脂膜と表皮細胞に含まれているスクアレンや脂肪酸、コレステロースなどが、天然の界面活性剤(油分と水分を混ぜ合わせる乳化剤)の役目を果たしてくれます。

 

そして皮脂膜は肌の上で素早く形成され、肌の常在菌の代謝物によってしっとりなめらかに保たれているのです。

 

私たちの素肌はこうして自ら働きかけ、潤う力を持っているんですね。

 

 

スポンサードリンク